社員教育のための社内研修と外部研修の活用

どんな企業においても、社員の育成は、企業発展のために重要な課題です。

とりわけ、IT企業においては、市場の需要に適応した人材をいかに育成するかが、企業の存続に関わる重要な課題です。


社員を育成する方法には、いくかあります。

まず、新卒で入社してくる業務未経験者に対し、集中的に行う集合研修があります。

ここでは、学校である程度の技術教育を受けてきた社員や、まったくの未経験者を同じレベルのスタートラインに立たせることを目的にして、基礎的知識を集中して教えます。
次に、オン・ザ・ジョブ・トレーンングと呼ばれる業務を通じての研修があります。


IT企業にみ様々な部署があり、また、担当する顧客の特性によって、必要な技術や仕事の進め方があるため、実際の仕事を通じて、より具体的なナウハウを教えていきます。

ここでは、研修トレーナー等という名称で、マン・ツー・マンの担当者を設けるのが一般的です。


さて、IT企業といっても、一般の企業と同様、マナーや一般常識、文章力など、一般的なビジネス・スキルも必要です。

こうした極一般的なスキル教育については、外部教育を活用するケースも多くあります。

外部教育については、個別の教育内容ごとに申し込む方法と、包括的な契約を締結する方法があります。個別研修は、必要と思われる内容を各々申し込み、申し込んだ単位で費用を支払います。

これに対して、包括的契約における研修では、ある一定期間の全体費用について、事前に契約し、その期間においては、何度、研修を受講しても個別の費用は発生しないというものです。


この包括的な契約を締結を結ぶ方式の利点は、企業側は、予め費用が確定しており、何度でも社員を研修受講させることができるという点だけではありません。


研修を提供する企業側も時代のトレンドを意識してカリキュラムを随時、入れ替えてくるため、その内容が時代に適用できていることです。

こうした包括的な契約における研修では、現在のところ技術的な内容は含まれていないようですが、今後は、こうした内容も含まれてくる可能性はあります。このように、人材育成のためには、社内教育を前提としながら、社外での教育も有効活用する必要があります。


http://education.oracle.com/pls/web_prod-plq-dad/db_pages.getpage?page_id=266&p_org_id=70&lang=JA
http://matome.naver.jp/odai/2138260833302044201
http://members.stvnet.home.ne.jp/tcta/kain/kainkogyo/seizo-bankin.html



独自性の高い大阪の探偵の知識を持つことが重要です。

基本も充実したニート就職情報を厳選して紹介しています。

魅力的な大阪の浮気調査に関する情報を公開中です。

東京の監視カメラの情報をお知らせいたします。